ニュース
 
赤坂オフィスに移転致しました。

【新住所】
〒107-0052 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル6F・7F
  •  
  •  
  • 熊本城復旧プロジェクトと連携し、弊社AI(IYO)による熊本城石垣復旧事業がスタート
  •  
  • 一般社団法人地震予兆研究センターと、大地震事前把握にAIを用いる共同研究を締結いたしました。
  •  
  • 2017年11月14日~16日開催【Inter BEE 2017】に、サードミーム株式会社が出展致しました。
     
  •  
  • 「ソースコード販売」のコンテンツを追加しました。
  •  
  • 株式会社Bestエフォート、株式会社6CNSとの業務提携のお知らせ。
  •  
  • 第25回東京ガールズコレクションに弊社と共同開発したAIが登場。
    世界初、AIが審査員のスナップコンテスト開催。
  •  
  • 「IRYOUNOMIRAI 日本の医療と医薬品等の未来を考える会」の
    【第16回「日本の医療と医薬品等の未来を考える会」開催リポート】に掲載されました。
  • くまもと経済7月号に掲載されました。
  • AIを用いた歯科用CADのプログラムを開発・特許出願のお知らせ。
  • 2017年5月19日(金)、日経産業新聞「トップの挑戦」に弊社が掲載されました。
  • DLE Dream Link Entertainmentと戦略的業務提携を締結致しました。
  •  
    理念
    世界には様々な解決困難な社会的問題が多く存在します。
    食料や医療、教育、住居、就労などの生活基盤に繋がる問題から、いじめや犯罪、自殺、差別等の社会的な問題まで様々です。

    しかし、現代ではこれらの問題についてのデータを大量に取得し保存する事が可能です。
    それらは、上記のような大きな問題からビジネス問題のような身近で小さな問題まで、ビッグデータという形で存在し、日々大きくなっています。

    弊社は、これらのデータを「賢く学ぶシステム」を構築すれば、身近で小さな問題から解決困難な社会的に大きな問題まで解決する事が出来ると考えます。
    この賢く学ぶシステムを弊社では「人工知能(AI)」と呼び、様々な「生きたデータ」を学習させる事で、人間では最早解決困難な社会的問題をも解決出来る唯一のシステムになると考え、日々全力で開発に取り組んでおります。

    弊社が開発する人工知能システムは、社会全体をより良く効率化するインフラとなりつつも、様々な人々の生活を身近に支えるパートナーともなれる存在を目指しております。
    少しでも社会貢献が出来るよう、全身全霊を持って邁進してまいります。
     
    事業概要
    AIシステムオーダー受注
    • 死蔵されているデータの利活用の提案。
    • AIを使うことにより、従来の方法よりも高性能/高精度なシステム提案。
    • データさえ有れば、あらゆる業種に対応可能。
    • AIを含むコア部分からアプリやWebシステムまでのシステム全体を一手に開発。
    AIシステム自体の特徴
    • 予算やデータ規模に合わせた提案/開発が可能。
    • コア技術としてDeepLearningを用いた独自ニューラルネットワークを使用しており、特に自然言語処理系において多数実績。
    • その他、音声等の波形データ、画像データの解析など応用分野は多岐。
     
    AIシステム開発の競合との差異
    AIシステム開発の競合との差異
    • 受託案件として請けれる為、クライアントの手元にAIシステムそのものが残る。
    • クライアントの規模に合わせてシステム設計が出来る為、開発費が安い。
    ベンチャー企業の商品・サービスと比較
    • 競合他社はクラウドにあるAIやAIを含んだパッケージ商品が殆どの為、特定業種への特化型でかつ細かい調整が効かないが、弊社はフルオーダーのシステム開発を主とする為、業種のとらわれる事がなく細かい要望や要件にまで対応が可能。
     
    弊社AIシステム
    9DWのオリジナル汎用型AIコアシステムの主な特徴は
    「複数種類データの同時解析を主としたシステムの認知力向上」
    自然言語から音声・画像・動画・数値・それらの時系列データが組み合わさった複雑なデータを解析し、動物の病気兆候の早期発見や畜産牛の発情期予測、自動運転技術や空間認識による屋内の自動マッピングに自然言語による対話エンジンなど、様々な分野のデータを解析学習してその分野に特化したAIシステムを提供しています。

    同業他社のAIシステムは「単一種類のデータ解析を重視したシステムの認知力向上」を主としている為、自然言語処理のみや画像解析のみなど、大量だがあまり複雑ではないデータの解析と学習しか出来ません。

     
    弊社AIシステムが今まで出来ている事
     
    1. 日本語の意味まで含む理解
    日本語の意味まで含む理解ができます。
    日本語は世界でトップクラスの難解な言語です。(表現がファジーな為)
    肯定を示す言葉だけでも「はい、OK、了解、うん、いいよ」など多岐に渡る為です。
    この言葉の概念までもちゃんと学習する事ができます。
    2. 画像や動画から物体を高速に認識
    画像や動画から物体を高速に認識します。
    写真や動画に写っている建物や乗り物、人や動物といったものの高精度な認識と「区別」ができます。
    これは上記の言語理解でも共通なのですが、人や乗り物などの「概念」をちゃんと学習出来ている為です。
    複数種類の花束の写真から、どの種類の花が何本あるか?をミリ秒単位で答えられます。
    この精度は人間以上です。
    3. CADデータなどの3Dモデルデータの形状理解と自動生成
    CADデータなどの3Dモデルデータの形状理解と自動生成ができます。
    CADデータの複雑な三次元構造のデータを大量に解析・学習する事が出来ます。
    これにより、学習データによっては「地形から適切な建造物を生成」したり、身体欠損部分の義肢のデザイン、家具や道具のデザインなどの三次元データの生成が可能です。
    これは弊社独自技術により可能となっております。
    4. 時系列データの解析
    時系列データの解析ができます。これは特にディープラーニングでは不得意とされている「時系列データ」の解析と学習が可能という意味で画期的です。
    これにより、IoT機器などのセンシング機器からのデータの高度な解析が可能となります。
    現状では動物の生体データをセンシングしたデータから、個々体毎の生体データの違いを吸収した高精度な病気などの異常検知が行えています。
     
     
     
    AI提供図
     
    製品
    Agent-AI

    webページ案内エージェントAI

    ホームページに訪れたユーザーの要望を聞き,適切なページヘと案内するエージェント型 AI.Wikipediaを用いて学習させたword2vecモデルで,ユーザーの質問内容と各ページ内容の関連度を比較し,ユーザーが求める情報が掲載されるページを推定しています.

     
    ソースコード販売 
    こちらは開発中止になり、かつ弊社が権利を保有するプロダクトの一覧です。
    ご希望であれば追加開発から、保守運用まで対応させていただきます。
     
    会社概要
    代表取締役 井元 剛
    資本金 4160万円(2017年1月現在)
    設立日 2016年3月
    従業員数 30名(2017年1月現在)
    住所 東京都港区赤坂3-5-5 赤坂ストロングビル6F・7F
    お問い合わせ info@9dw.jp